HOME » 初期設定 » アカウント » パスワードの有効期間

パスワードの有効期間

パスワードの有効期間を設定します。

スポンサーリンク

現在の設定を確認

スタートメニュー上で右クリック → コマンドプロンプト

スタートメニュー上で右クリック → コマンドプロンプト

※ 「 Winキー 」 + 「 X 」 でもメニューが表示されます。

 

net user <ユーザー名>
でパスワードの有効期間を確認

net user <ユーザー名>

※この画像だと無期限に設定されています。

 

ローカルユーザーとグループ

スタートメニュー上で右クリック → コンピュータの管理

スタートメニュー上で右クリック → コンピュータの管理
 

ローカルユーザーとグループ → ユーザー

ローカルユーザーとグループ → ユーザー
 

有効期間を変更するユーザーをダブルクリック

有効期間を変更するユーザーをダブルクリック

※ Microsoftアカウントを使用している場合は、メールアドレスの@より前の部分でローカルアカウントも同時に作成されています。

 

無期限にする場合は「 パスワードを無期限にする 」のチェックを入れる
変更期限を設定する場合は「 パスワードを無期限にする 」のチェックを外す

「 パスワードを無期限にする 」のチェック

※ 次のローカルセキュリティポリシーの設定よりもこちらの方が優先されます。ローカルセキュリティポリシーで日数を設定しても、ここで「 パスワードを無期限にする 」にチェックが入っていると無期限になります。

 

ローカルセキュリティポリシー

検索ボックスで「 secpol.msc 」 と入力
「 secpol.msc 」を選択した状態でEnterキーかクリック

検索ボックスで「 secpol.msc 」 と入力^「 secpol.msc 」を選択した状態でEnterキーかクリック

※コントロールパネル → システムとセキュリティ → 管理ツール → ローカルセキュリティポリシー でも開けます。

 

もしくは、スタートメニュー上で右クリック → ファイル名を指定して実行
「 secpol.msc 」 と入力

もしくは、スタートメニュー上で右クリック → ファイル名を指定して実行^「 secpol.msc 」 と入力

※「 Windowsキー 」 + 「 R 」でも開きます。

 

ローカルセキュリティポリシー の設定画面

ローカルセキュリティポリシー の設定画面
 

パスワードの有効期間 」をダブルクリック

パスワードの有効期間を変更
 

有効期間の日数を1~999日で設定。0だと無期限

有効期間の日数を設定

※この日数が経過するとパスワードを変更するように促されます。

 

パスワードの有効期間の説明

有効期間の日数を設定
 
ページのデータ
更新 / 修正日
ページ作成日2015/06/30
エディションWindows10 評価版 10130 64bit Pro

スポンサーリンク
Page top