HOME » インストール » インストールメディアの作成

インストールメディアの作成

Windows10のインストールメディアを作成します。

スポンサーリンク

メディア作成ツールの入手

Windows10のダウンロードを開き、
使用するバージョンの「 ツールを今すぐダウンロード 」をクリック

ダウンロードのダイアログが出るので「 保存 」を選択

ダウンロードのダイアログが出るので「 保存 」を選択

※ 使用しているブラウザによってダイアログの形状は違います。

 

ダウンロードが完了したら「 フォルダーを開く 」か「 実行 」

ダウンロードが完了したら「 フォルダーを開く 」か「 実行 」
 

ダウンロードしたファイルをダブルクリック

ダウンロードしたファイルをダブルクリック
 

コンピューターへの変更の許可を求めてくるので「 はい 」

コンピューターへの変更の許可を求めてくるので「 はい 」
 

「 他のPC用にインストールメディアを作る 」を選択

「 他のPC用にインストールメディアを作る 」を選択
 

それぞれ使用する物を選択

それぞれ使用する物を選択
 

仮想マシンにインストール または、DVDメディアを作成する

「 ISOファイル 」を選択

「 ISOファイル 」を選択

※VirtualBoxやVMwareの仮想マシンにインストールする場合はisoファイルを直接指定します。実機へDVDメディアを使ってインストールする場合は、isoをDVDに書き込みます。

 

保存場所を選択

保存場所を選択

※日本語のフォルダは避けたいのでCドライブ直下に保存しています。

 

Windows10をダウンロードしています

Windows10をダウンロードしています
 

Windows10のメディアを作成しています

Windows10のメディアを作成しています
 

仮想マシンへインストールする場合は、DVDは作成しないので「 完了 」で閉じる。
DVDインストールメディアを作成する場合は 「 DVD書き込み用ドライブを開く 」

仮想マシンへインストールする場合は、DVDは作成しないので「 完了 」で閉じる。DVDインストールメディアを作成する場合は 「 DVD書き込み用ドライブを開く 」

※後は指示に従ってDVDに書き込みます。また、ここでうまく書き込めなくてもWindows7以降ならダウンロードしたwindows.isoの右クリックメニューから「 ディスクイメージの書き込み 」で書き込みできます。

※レガシーBIOSモードでインストールする場合は、WindowsVistaやXPではisoをブート可能なように書き込むソフトが必要です。UEFIモードはそのままisoをメディアへコピーすれば認識します。

 

USBインストールメディアを作成する

3GB以上のUSBメモリを取り付けて「 USBフラッシュドライブ 」を選択

3GB以上のUSBメモリを取り付けて「 USBフラッシュドライブ 」を選択

※インストールするPCがUSBブートに対応している必要があります。

 

USBフラッシュドライブ( メモリ )を選択

USBフラッシュドライブ( メモリ )を選択

※USBメモリの中身は消去されます。

 

Windows10をダウンロードしています

Windows10をダウンロードしています
 

Windows10のメディアを作成しています

Windows10のメディアを作成しています
 

インストール用USBメモリの作成完了

インストール用USBメモリの作成完了
 

USBメモリの内容

USBメモリの内容
 
ページのデータ
更新 / 修正日
ページ作成日2015/08/04
エディションWindows10 製品版 10240 64bit Pro

スポンサーリンク
Page top